株式会社LIFULL(ライフル)は、このほど、マンションの参考価格や価格推移、市場ニーズを手軽に調べることができる新サービス「見える!不動産価値」の提供を開始いたしました。

見える!不動産価値
URLhttps://www.homes.co.jp/owner/

■「見える!不動産価値」サービス概要
 「見える!不動産価値(以下「本サービス」)」は、マンションの参考価格や価格推移、市場ニーズをどなたでも簡単に調べられるサービスです。国内最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」が蓄積してきた不動産ビッグデータと、AIを活用して独自開発した推計ロジックにより、所有する物件や気になる物件の市場価値をリアルタイムでシミュレーションできます。現在の対応エリアは首都圏(13県)及び京阪神です。対応エリアは今後順次拡大してまいります。主なコンテンツは以下の3つです。

1.参考査定価格
 「LIFULL HOME’S」の不動産ビッグデータと、マサチューセッツ工科大学不動産研究センター研究員の清水千弘教授の研究結果を参考に独自開発した統計アルゴリズムで算出した、物件単位、住戸単位の参考査定価格を表示します。

2.LIFULL HOME’S掲載シミュレータ
 「LIFULL HOME’S」の国内最大級のユーザー動向データをもとに、指定した価格で物件広告を掲載した場合に購入希望者から問い合わせ(内見申込み等)が入るまでの推定期間や同エリア内でのニーズの多寡をシミュレーションできます。たとえば売出価格を100万円上下させることで、ニーズにどのような変化があるかを直感的に調べられるので、マンションの売却を検討されている方にとって有益な参考情報としてご活用いただけます。

3.不動産価格トレンド
 指定した物件があるエリアの直近3年間の不動産価格のトレンドをグラフで表示します。不動産価格トレンドは、当社が清水千弘教授の監修のもと、国際指針に則って独自に開発した指数「LIFULL HOME’S PRICE INDEX」のデータをもとにしています。

■本サービス提供の背景と今後の展望
 住まいの購入や売却は、生涯で最も大きな選択であるにも関わらず、一般の消費者が入手できる情報は限られており、多くの方が不安を抱えて取引をしなければならないのが現状です。創業以来、テクノロジーによる不動産市場の革進に取り組んできた当社グループでは、こうした不安を解消すべく、様々な情報の可視化を進めてきました。
 本サービスと同様に、既存住宅(中古住宅)の流通活性化を目指して201510月に提供開始した「LIFULL HOME’S プライスマップ(http://www.homes.co.jp/price-map/)」では、地図上で物件の参考価格、参考賃料をひと目で知ることができ、不動産の売買、運用の様々なシーンでご活用いただいております。
 「LIFULL HOME’S プライスマップ」は、周辺の物件と比較検討しながらご利用いただくことを想定して地図というインターフェースを採用していますが、本サービスは所有する物件や気になる物件の価値をさらに詳しく調べたいという方のために、LIFULL HOME’S掲載シミュレータと不動産価格トレンドを加えた3つのデータをまとめてご覧いただけるようなコンテンツ構成としました。これにより、その物件の価値をより多面的な角度から知ることができ、売り時や買い時の見極めに必要な情報も得られます。
 今後も「見える!不動産価値」では、対象エリアの拡大や、コンテンツメニューの拡充、関連サービスとの連携を進め、不動産取引に必要な情報を誰もがより手軽に入手できるようにすることで、取引に関わる不安をなくし、市場活性化に貢献してまいります。

 

LIFULLグループは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、より多くのみなさまの暮らしを安心と喜びで満たす、住生活情報サービスを提供してまいります。