News

ニュース

共同運営型コミュニティ「Living Anywhere Commons」プロジェクトを始動

2019年03月27日


LIFULLは、場所にしばられない働き方・生き方を目指す共同運営型コミュニティ「Living Anywhere Commons」の運営を始動し、本日よりコミュニティメンバーの募集を開始します。

 

Living Anywhere Commons
URL:https://livinganywherecommons.com/

 

■「Living Anywhere Commons」とは
「Living Anywhere Commons」とは、一般社団法人Living Anywhere(※)が推進するプロジェクト「Living Anywhere」の考え方に基づき、様々なテクノロジーによって、水、電気、食料、通信、医療、教育、仕事など、人にとって必要不可欠なものが地球上どこにいても手に入る未来をめざし、自宅やオフィスに縛られないオフグリッドなライフスタイルを実践することを目的としたコミュニティです。
コミュニティメンバーになることで、今後Living Anywhere Commonsの拠点となる複数の地方型シェアサテライトオフィスを「共有して所有」し、仲間たちと共生しながら、オフグリッドな生活の実現に向けて、技術やアイデアを共創していく場に参加することができます。

※一般社団法人Living Anywhere
URL:https://livinganywhere.org

 

■メンバー募集について
「Living Anywhere Commons」では、法人、個人問わずコミュニティメンバーを募集しています。
メンバーになることで、日本各地に設置予定の複数拠点を自由に利用でき、複数の企業の方、フリーランスの方、地域の方と交流しながら、「働く」「生活する」という日常を過ごすことができます。
ビジター体験も可能ですので、詳細は下記よりお問合せ下さい。

URL:https://livinganywherecommons.com/

 

■拠点について
第1弾として、2019年5月に福島県会津エリア の磐梯町、静岡県伊豆エリアの下田市、2つの拠点がオープンします。拠点の開発、運営には、地元の行政・民間事業者と連携し、地域コミュニティとの接続も図っていきます。

<連携パートナー>
・磐梯町役場(https://www.town.bandai.fukushima.jp/

・株式会社エフライフ(https://www.f-life.org/
「大切なものを大切にして生きていく」をスローガンに、福島から新たなライフスタイルを創造する事業として、福島の魅力的な食と職に出逢えるローカルスナック等を運営。

・株式会社VILLAGE INC(https://villageinc.jp/
自然環境や地域特性を活かし、 特別な体験価値を提供する施設「VILLAGE」を静岡県西伊豆町と佐賀県唐津市で展開する他、非日常空間を国内各地でプロデュース及び運営。