楽天LIFULL STAY株式会社と、台湾最大の民泊・バケーションレンタル予約サイト「AsiaYo.com」を運営するAsiaYo Co., Ltd(本社:台北市、CEO:Cheng Chao-Kang、以下、「AsiaYo」)は、民泊事業における業務提携について、本日7月20日に合意いたしました。

 本提携により、楽天LIFULL STAYは開設予定の民泊サイト「Vacation Stay」(仮称)に掲載する国内民泊物件を「AsiaYo.com」に供給します。これにより、「AsiaYo.com」のユーザーは、「Vacation Stay」に掲載される民泊施設の予約が可能となります。「AsiaYo.com」は、2014年のサービス開始からわずか3年で急成長を遂げている、台湾発の民泊・バケーションレンタル予約サイトです。台湾だけでなく、韓国やタイにおいてもサービス展開しており、その他アジア各国・地域への進出も予定しています。両社は協力して、台湾を含むアジア地域からの訪日旅行者へのマーケティングを行い、日本の様々な地域に対する認知拡大と送客強化に寄与していくとともに、高まる宿泊需要に対応する民泊サービスの提供を目指します。

 楽天LIFULL STAYは現在、住宅宿泊事業法施行後にサービス開始を目指しており、国内における民泊物件の開拓・拡大に積極的に取り組んでいます。AsiaYoは運営する民泊・バケーションレンタル予約サイトにおいて、アジアの旅行客に対する手厚い母国語サポート(中国語、韓国語、英語)等のサービス拡充に力を入れています。両社は、アジア地域からの訪日旅行客に対するサービスを充実させていくことで、民泊物件オーナーがより安心して民泊施設を提供できる環境も整えていきます。

 日本政府観光局が発表している「訪日外客数」(注)によると、台湾からの訪日旅行者数は、2016年度に初めて400 万人を超え、中国、韓国に続き、第3位となりました。台湾からの訪日旅行者数に加え、「AsiaYo.com」のユーザーは家族や友人等のグループで民泊を利用し、複数の部屋がある物件を好む傾向が見られるため、楽天LIFULL STAYが予定している空き家を活用した民泊施設に対する需要も見込めます。

楽天LIFULL STAYとAsiaYoは今後、アジア地域からの訪日旅行客の高まるインバウンド需要に対応する、より幅広い宿泊の選択肢を提供していくことで、民泊市場の健全な発展に貢献してまいります。

(注) 出典:日本政府観光局(JNTO)「国籍/月別 訪日外客数(2003年~2017年)」
       http://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/since2003_tourists.pdf

■楽天LIFULL STAY株式会社

所在地: 東京都千代田区大手町一丁目9番2号 大手町フィナンシャルシティグランキューブ3F
代表者: 代表取締役 太田 宗克
事業内容: 民泊に関するプラットフォーム事業
設立年月: 2017年3月
ウェブサイト: https://rakuten-lifull-stay.co.jp/

■AsiaYo Co., Ltd

所在地:  台湾台北市敦化南路二段77號18-3樓
代表者:  CEO Cheng Chao-Kang
事業内容:
AsiaYo Co., Ltdは、台湾における最大の民泊・バケーションレンタル予約サイト「AsiaYo.com」を運営しています。台湾において13,000室以上の掲載があり、2014年の運営開始からの予約の伸び率は毎月平均20%以上となっています。また、「AsiaYo.com」の月間訪問数は200万セッションを超え、前年同月比の約4倍となっています。ビジョンとして、旅行者にとって最高の旅行体験ができるマッチングプラットフォームの提供を掲げています。
設立年月: 2013年6月
ウェブサイト: https://asiayo.com/