株式会社LIFULLの関連会社である楽天LIFULL STAY株式会社(出資比率:楽天51%、LIFULL49%)と、韓国で先進的な宿泊施設予約プラットフォームを提供するO2O(Online-to-Offline)企業Yanolja, Corp.(本社:韓国 ソウル、創業者兼CEO:イ・スジン、以下「Yanolja」)は、民泊事業における業務提携について、本日3月7日に合意いたしました。

 本提携により、楽天LIFULL STAYは、本年6月に開設予定の民泊サイト「Vacation STAY」(仮称)に掲載する日本国内の民泊物件をYanoljaに供給します。これにより、Yanoljaの利用者は、同社のサービスサイトから日本の民泊施設の宿泊予約ができるようになります。両社は今後、韓国からの訪日旅行客に向けて共同でマーケティングを行います。なお、本提携を通じて、Yanoljaは海外に初展開することとなります。同社は、出張、家族旅行、観光など様々な目的で日本を訪れる韓国の旅行客に対し、各利用者のニーズに合った宿泊施設を多数取り揃えていきます。

 Yanoljaは、現在17,000軒を超える宿泊施設とパートナー契約を結んでいます。Yanoljaが提供する宿泊予約用アプリケーション経由の昨年2017年の売上高は650億ウォン以上に上り、これまでもサムスン電子の前CEOであるジン・デジェ氏から、600億ウォン以上の資金調達を実施しています。

 日本政府観光局(JNTO)が発表した2017年の訪日外客数(注)によると、2017年の韓国からの訪日旅行客は700万人を超え、中国に次いで2番目に日本への旅行客が多い国となっています。また、Yanoljaのサービスサイトの利用者は、家族や友人などのグループ単位で民泊施設を多く利用する傾向が見受けられます。

 楽天LIFULL STAY 代表取締役である太田 宗克は、次のように述べています。
「このようにYanoljaと提携できることをとても光栄に思います。Yanoljaと協力し、韓国からの訪日旅行客にとって、日本をより一層魅力的な観光地にしていくことを目指します」

 Yanolja創業者兼CEOのイ・スジンは、次のように述べています。
「このたびの楽天LIFULL STAYとの提携は、Yanoljaが今後海外展開を進めていく上で非常に有意義なステップとなります。Yanoljaのユーザーは、日本への旅行の際、より多くの宿泊施設の中から、自分に合ったものを選択できるようになります。Yanoljaは、韓国人旅行客が海外旅行へ出かける際に感じる不便さを軽減すると同時に、訪韓旅行客に対し、より便利で使い易い宿泊予約サービスを提供することを目指していきます」

 

楽天LIFULL STAY とYanoljaは今後、日本国内における民泊市場の発展に貢献し、韓国からの訪日旅行客の多様な宿泊ニーズに応えるサービスを提供してまいります。

注:日本政府観光局(JNTO) 訪日外客数(2017 年 12 月および年間推計値)を参照
  https://www.jnto.go.jp/jpn/news/press_releases/pdf/180116_monthly.pdf