京都府京都市(市長:門川 大作、以下「京都市」)と、株式会社LIFULLの関連会社である楽天LIFULL STAY株式会社(出資比率:楽天51%、LIFULL49%)は本日、京都市における宿泊税の代行徴収を目的とした「京都市と楽天LIFULL STAY株式会社との宿泊税の代行徴収に係る協定書(以下「協定書」)」を締結しました。

この協定書に基づき、楽天LIFULL STAYが運営する民泊・宿泊予約サイト「Vacation STAY」および宿泊施設の在庫供給を行っている国内外の提携済み宿泊予約サイトの利用者から、京都市宿泊税条例における特別徴収義務者として宿泊税を代行徴収し、京都市に一括して申告・納入します。

京都市では、国際文化観光都市としての魅力を高め、観光の振興を図る施策に要する費用に充てるため、本年10月1日から京都市宿泊税条例を施行し、宿泊税の課税を行うこととしています。

楽天LIFULL STAYは、「Vacation STAY」の運営や、民泊・簡易宿所向けのブランディングおよび運用代行サービス「Rakuten STAY」など、民泊・宿泊分野において様々なサービスを提供しています。京都市においても、「Vacation STAY」における宿泊施設の仲介だけでなく、クラウドファンディングを活用し、築50年以上の京町家を取得、改修したうえで「Rakuten STAY KYOMACHIYA」として一棟貸しの宿泊施設に再生するプロジェクト(注)などを推進しています。

[協定書について]
名 称: 京都市と楽天LIFULL STAY株式会社との宿泊税の代行徴収に係る協定書
内 容:
⑴ 「Vacation STAY」に登録された京都市内の宿泊施設に対する、宿泊税の代行徴収および宿泊税額その他必要事項の京都市への情報提供に対する同意の取得
⑵ 「Vacation STAY」および国内外の提携済みサイト上で予約が行われた宿泊に係る宿泊税の徴収
⑶ 徴収すべき宿泊税その他必要事項についての京都市への月次申告
⑷ 宿泊税納入書による金融機関での京都市への宿泊税の納入
⑸ 申告および納入の内訳となる宿泊施設情報の京都市への提出および各宿泊施設への宿泊税額の通知
⑹ 宿泊施設ごとの宿泊数、税額その他の帳簿への記載および保管(保管期間:7年)

(注)楽天LIFULL STAYとクラウドリアルティ、クラウドファンディングを活用した宿泊施設の開発・供給で業務提携
https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2018/0221_01.html

 

■京都市
所在地: 京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488
京都市長: 門川 大作
ウェブサイト: http://www.city.kyoto.lg.jp/

 

■楽天LIFULL STAY株式会社
所在地: 東京都千代田区大手町一丁目9番2号
大手町フィナンシャルシティグランキューブ3F
代表者: 代表取締役 太田 宗克
事業内容: 民泊に関するプラットフォーム事業など
設立年月: 2017年3月
ウェブサイト: https://www.rakuten-lifull-stay.co.jp/

 

以 上