News

ニュース

日本新華僑通信社とLIFULL、国際投資分野で業務提携

2019年02月18日


株式会社LIFULLと、中国有数の大手メディア「人民日報海外版」の日本版『人民日報海外版日本月刊』を発行する株式会社日本新華僑通信社(本社:東京都豊島区、代表取締役:皆川 美希、以下「日本新華僑通信社」)と、このたび国際不動産投資分野において業務提携いたしました。

■業務提携の概要

本提携に基づき、LIFULLと日本新華僑通信社は、日本の不動産への投資を検討する中国の不動産投資家に対して、2019年4月に中国現地での不動産投資イベントを共催いたします。LIFULLの国際投資分野で取引のある複数社の売主(デベロッパー、売主業者等)と中国人投資家が直接商談できる場を設けることで、中国人投資家は豊富な物件の中から物件を検討することができます。

イベントの宣伝、参加者の募集は日本新華僑通信社が行い、必要に応じてLIFULLの国際不動産投資専門チームが通訳・翻訳等を行い、売主との売買取引をサポートいたします。さらに、中国の投資家の日本不動産購入後のプロパティマネジメントについても、LIFULLが窓口となり管理会社等との調整を行います。

これにより、中国の不動産投資家にとっては、日本に行かずとも豊富な選択肢の中から日本の不動産投資を行い、購入後のプロパティマネジメントまでワンストップでサービスが受けることができます。「LIFULL HOME’S」の顧客(デベロッパー、仲介事業者、管理会社等)にとっては、より多くの不動産投資家とのマッチングの可能性が広がり、言語の不安なく中国の不動産投資家との売買取引や物件管理を行うことが可能となります。

 

■提携の背景と今後の展望

2017年の海外投資家による日本国内不動産へのインバウンド投資は、1兆580億円と対前年比では約2倍に増加し、国内投資額にしめる割合は26%となり、そのニーズはますます高まりを見せています(※)。

LIFULLは、2016年9月に株式会社マリモから国際不動産投資事業譲渡を受け、グローバルな投資家ネットワークや多言語対応なコンシェルジュサービスチームを当社のサービスと融合させることで、海外投資家と国内不動産事業者のマッチングに注力してきました。2018年1月には、中国最大級の不動産仲介会社 链家(Homelink)と国際不動産投資分野で業務提携、同年7月には台湾有数の不動産仲介会社、台湾房屋と同じく提携を行い、アジア圏から日本へのインバウンド不動産投資を促進しています。

このたびの提携により、LIFULLと日本新華僑通信社は、中国から日本への不動産投資の拡大とそれによる国内不動産業界の活性化を促進いたします。また、将来的には日本新華僑通信社のウェブサイトにて「LIFULL HOME’S」に掲載中の投資用不動産物件情報を公開することを検討しており、今後グローバルな不動産投資プラットフォームの構築を加速してまいります。

※出典:ジョーンズ ラング ラサール株式会社

 

■株式会社日本新華僑通信社

所在地: 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F

代表者: 代表取締役 皆川 美希

事業内容: 中国語新聞「日本新華僑報」(月2回)の発行、ニュースサイト「日本新華僑報網」の運営、日本語雑誌「人民日報海外版日本月刊」発行等

設立年月: 1999年3月

ウェブサイト: http://jp.jnocnews.jp/

 

LIFULLグループは、「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、世界中のすべての人に、安心と喜びのライフソリューションを提供します。