News

ニュース

規格外野菜や余剰野菜を使った「Clean Smoothie」メニュー監修に菜園料理家の藤田承紀シェフが就任

2019年10月04日


株式会社LIFULL(ライフル)が運営する規格外野菜や余剰野菜を使ったスムージーサービス「Clean Smoothie」のメニュー監修に菜園料理家の藤田承紀シェフが就任し、2019年10月発送分よりオリジナルのレシピにて、スムージーパックのお届けを開始いたします。

藤田シェフ監修のスムージーパック

 

「Clean Smoothie」は、形の悪さや、納期遅れを理由に、出荷できずに廃棄せざるを得ない野菜や果物をスムージーとしてオフィスに届けることで、生産ロスを解消し、サステナブルな社会づくりに貢献することを目指し、2019年2月から法人向けのサービスとしてスタートしています。このたび、この考えに共感いただいた菜園料理家の藤田シェフが野菜や果物の変わらぬ美味しさをもっと感じて欲しいという想いから、「Clean Smoothie」のすべてのメニューを監修いただきます。

LIFULLは、「Clean Smoothie」を世の中へ広めることで、農家の現場にある「生産ロス」を解消しながら、野菜や果物をスムージーとしてオフィスに届け、サステナブルな社会づくりに貢献します。

 

藤田シェフ プロフィール

藤田 承紀(ふじた よしき)

福祉レストラン「らんどね空と海」シェフ。
イタリアでの料理修行後に帰国し、野菜を育てる「菜園料理家」として活動し、飲食店立ち上げ、メディア出演、レシピ開発、料理学校講師等を行う。
環境省の「つなげよう支えよう森里川海」プロジェクトアンバサダーを務め、同アンバサダーのキャラクターアーティストtaroutと共に、フード&デザインユニット「Lunny’s veggie」としても活動中。主にアレルギー食材を使用しない「EVERY 1 TABLE」をモットーにしている。

書籍:『野菜のスープ』『野菜のチップス・果実のチップス』

 

 

 

Clean Smoothie

<サービスのご紹介>
月に2回、新鮮な野菜や果物を“特殊冷凍技術”で加工したスムージーパックをオフィスへお届けし、季節のスムージーを月替わりでお召し上がりいただけます。お届けする季節のスムージーパックの種類は常時3種。ブレンダーセットやガラスジャーをご使用いただき、社員自身でフレッシュなスムージーをお作りいただけます。
サイトURL:https://smoothie.lifull.net/

 

<サービス概要>
料 金 :月額48,000円/送料込
配 送 :隔週金曜日(月2回 ※配送カレンダーに準じます)
個 数 :120個、1配送につき60個
備 品 :ブレンダーセット2基、ガラスジャー10個(初回無償提供)
新規申込方法:配送をご希望される月の1か月前までに申込書取り交わしにて手続きが完了いたします。詳細はお問い合わせください。
支払方法:銀行振込・口座振替

<お問い合わせ先>
smoothie@lifull.com