News

ニュース

LIFULL HOME'S調査<第3回 新型コロナウイルス感染症に対する不動産事業者の意識調査>

2020年05月20日


株式会社LIFULLは、新型コロナウイルス感染症の影響が不動産事業者の事業運営や営業活動にも波及していることを受け、LIFULL HOME'S加盟店企業に対し「第3回 新型コロナウイルス感染症に対する不動産事業者の意識調査」を実施いたしました。

LIFULL HOME'S」は加盟店企業や、賃貸物件、住み替えを検討中の方双方に、より安心、安全にサービスをご利用いただき売上高回復に貢献できるよう、新規で申し込みをされるLIFULL HOME'S加盟店向けに提供期間限定で、賃貸物件を対象とした「オンライン相談(※1/オンライン物件見学(※2/IT重説(※3)」サービスを無償化しています。

 ① 95.4%の不動産事業者が 企業活動に影響が出ていると回答、前月より増加 

 ② 今後の影響で最も心配しているのは、4月に引き続き“売上の減少”

 ③ 売上高は悪化の一途、5月は35.5%の不動産事業者が、前年比50%以上のマイナス予測

 ④ 在宅勤務で実施できる不動産業務多数、システム導入や慣習の変更がカギ

 ⑤ 約9割の不動産事業者が、コロナ影響前と比べ“エンドユーザーの特徴に変化を感じている”と回答
  「低価格物件希望」「車通勤に伴う駐車場契約」「売却依頼」が増加という声も

① 95.4%の不動産事業者が “企業活動に影響が出ている” と回答、前月より増加

現時点での企業活動への影響について調査を実施したところ「あてはまる」が 63.8%、「ややあてはまる」が 31.6%と、全体の 95.4%が企業活動へ影響が出ていると回答する結果となりました。前回(4月6日~12日実施、回答750件)は、「あてはまる」が52.1%、「ややあてはまる」が39.6%で、「企業活動へ影響が出ている」とする合計は91.7%だったことから、緊急事態宣言の発令も相まって不動産事業者への影響拡大は続いていると言えます。(グラフ①-1)

 

続けて、「現時点で企業活動に影響が出ている」で「あてはまる/やや当てはまる」と回答した方に、その内容を聞いたところ、「売上の減少」が前回から10%以上増加して75.3%で最多となり、特に売買分譲は、前回の60.7%から77.0%と大きな上昇がみられました。次いで「内見者の減少」「来店者の減少」「問合せの減少」「商談の延期・中止」が続きますが、前回と大きな違いはありませんでした。

その他では、「マスクや消毒薬など衛生用品が確保できない」は2割ほどまで減少(前回までは5割前後)、割合としては少ないものの「web内見の増加」が前回の2.5%から倍増するなど、この1か月で状況が大きく変化したものもみられました。(グラフ①-2)

 

さらに、「主に手がけている業務内容」で「賃貸仲介/賃貸管理」と回答し、「現時点で企業活動に影響が出ている」で「あてはまる/やや当てはまる」と回答した方に、4月に入って増加したものを聞いたところ、「家賃値下げの相談・交渉」が最多となりました。次いで、「家賃支払遅延の連絡・相談」が続きました。(グラフ①-3)

 

 

② 今後の影響で最も心配しているのは、4月に引き続き“売上の減少”

今後の影響を心配しているかどうかについて、「あてはまる」が 69.2%、「ややあてはまる」が 26.2%と、全体の 95.4%が今後の企業活動への影響が心配であると回答しました。前回(4月6日~12日実施、回答:750件)は、「あてはまる」78.3%、「ややあてはまる」が20.3%で、「企業活動への影響が出ている」とする合計は98.6%だったことから、わずかながら減少の傾向がみられました 。(グラフ②-1)

 

続けて「今後の企業活動への影響が心配である」で「あてはまる/やや当てはまる」と回答した方に、心配である内容を聞いたところ、前回の調査と同様、「売上の減少」が最多85.5%となり、前回の83.8%よりわずかに増加しています。一方、「来店者の減少」「内見者の減少」「問合せの減少」はいずれも6割を超え、上位であることには変わりありませんでしたが、いずれも前回との比較では減少の傾向がみられました。(グラフ②-2)

 

 

③ 売上高は悪化の一途、5月は35.5%の不動産事業者が、前年比50%以上のマイナス予測

感染の影響が拡大した2020年4月の売上高が、前年同月(2019年4月)と比べて50%以上落ち込んだと回答した不動産事業者は24.8%でした。(グラフ③-1)

 

また、2020年5月の売上見込みについては、前年同月(2019年5月)と比べて全体の35.5%が、50%以上の売上減と回答しました。業態別では売買仲介の16.9%が、80%を超える売上の減少を見込んでいると回答しました。(グラフ③-2)

 

 

④ 在宅勤務で実施できる不動産業務多数、システム導入や慣習の変更がカギ

「在宅勤務の推奨・実施」をしていると回答した方に在宅勤務の状況下でも、問題なく遂行できている業務について聞いたところ、「(ユーザー対応)メールによる反響・追客などの対応」が最多となり、その他の業務においても、問題なく対応できる業務は多いようです。各社で利用しているシステムや、業界の慣習見直し等が、不動産業界におけるテレワーク活用を一気に加速させるかもしれません。(グラフ④)

 

また、在宅勤務の状況下で不動産業務を遂行するにあたり課題だと感じたことについて聞いたところ、以下のような回答が得られました。

【自由回答(一部抜粋)】※誤字・脱字などにより、一部表現を修正している箇所があります

▼システム・セキュリティ
個人情報を持ち帰ることが困難・会社で導入しているシステムに社内環境からしかアクセスできない・郵便物の転送ができないため、会社宛の郵便物の定期的な確認が必要・会社の固定電話は携帯電話へ転送する形で対応できるが、FAXは転送できない・顧客の身分等の確認

▼ルール・運用
遠隔案内ができる物件とできない物件がオーナーによって変わってくる・書類への押印や役所への提出が必要・物件調査(現地調査や市役所調査)は足を運ばないと遂行できない・掲載する写真の撮影・銀行とのやり取り(メール対応不可の銀行が多い)

▼環境・その他
自宅にPCWi-Fi環境が整備されていないスタッフがいる・モチベーションの維持

 

 

⑤ 9割の不動産事業者が、コロナ影響前と比べ“エンドユーザーの特徴に変化を感じている”と回答
  「低価格物件希望」「車通勤に伴う駐車場契約」「売却依頼」が増加という声も

新型コロナウイルス発生の影響が出る前と比べて、エンドユーザーの特徴(問合せの内容や申込・契約の傾向)に変化を感じているかについて聞いたところ「あてはまる」が 51.2%、「ややあてはまる」が35.0%と、全体の86.2%が変化を感じていると回答する結果となりました。(グラフ⑤)

 

また、新型コロナウイルス発生の影響が出る前と比べて、エンドユーザーの特徴(問合せの内容や申込・契約の傾向)にどのような変化を感じているか聞いたところ、以下のような回答が得られました。

【自由回答(一部抜粋)】※誤字・脱字などにより、一部表現を修正している箇所があります

▼賃貸・売買共通
問合せは増えたが、来店来場につながりにくい・確度の高い問合せが増えている・来店せず現地で直接待ち合わせを希望するユーザーの増加・直接来店(飛び込み)のお客様が減った・低額物件中心の問合せ・奥さんもしくは旦那さんが医療従事者のため別居を検討している

▼賃貸
低価格賃料物件希望者の増加・法人、新卒、新入学の動きがほぼ無い・居住用はさほど変化はないが、事業用(テナント等)は動きが止まっている・海外赴任延期等の理由で、慌てて住まいを探すお客様が増加・都内のお客様に関しては若い年齢層の方が来店される場合が多い・通勤に交通機関を使用していた方々が社用車での通勤に変更し駐車場の契約が増えた・IT重説での契約を承諾して頂ける傾向になった・管理物件の退去がなく、満室稼働なので安定している・余計な費用が掛かるから更新して様子を見ようというお客様が凄く多い・外国人労働者の退去が増えている

▼売買
売却依頼が増加し購入依頼が減少した・住宅系の物件の問い合わせが少なくなり、事務所等の問い合わせが増えた・投資系のお客様は情報収集を変わらず行っているが実行動少なく様子見・商談等の減少・公務員には影響がない様子、公務員の購入意識は減ってはいない・資金力がある方はここがチャンスと購入意欲がある・ご家族全員での内覧が減少

 

 

■安心、安全な住まい探しへの「LIFULL HOME'S」の取り組み

LIFULL HOME'S」は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、LIFULL HOME'S加盟店企業や、賃貸物件、住み替え検討中の方双方に、より安心・安全にサービスをご利用いただけるよう、新規で申し込みをされるLIFULL HOME'S加盟店向けに提供期間限定で、賃貸物件を対象とした「オンライン相談(※1/オンライン物件見学(※2/IT重説(※3)」サービスを無償化しています。さらに「LIFULL HOME'S 住まいの窓口」では、オンラインにて相談を受け付けるスタッフの人員を増員しています。

<詳細>
・期間:2020316日~20209月末頃までを予定
・対象不動産会社:新規で「オンライン相談/オンライン物件見学/IT重説」サービスを利用されるLIFULL HOME'S加盟店
・対象物件:賃貸物件
・サービス新規利用に関する問い合わせ方法:
 電話 03-6774-1625(受付時間:10:0019:00)(土・日・祝日を除く)
URLhttps://www.homes.co.jp/online

 

LIFULLグループは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、より多くのみなさまの暮らしを安心と喜びで満たす、住生活情報サービスを提供してまいります。本取り組みにより、クライアントである加盟店の皆様にとっても、「LIFULL HOME'S 住まいの窓口」ご利用の皆様にとっても、双方向で「オンライン相談/オンライン物件見学/IT重説」が広がることを願っております。

 

1 オンライン相談とは
物件について知りたいことがある、またはこの物件に似た条件で他に良い物件がないか教えて欲しいなどの不動産会社へのご相談を、実際に店舗へ行くことなくオンライン(ビデオ通話、LINE、お電話)にて受けることができます。

2 オンライン物件見学とは
現地にいる不動産会社スタッフとビデオ通話による映像・音声を使って会話しながら物件内部の見学をいただけます。利用者は現地に行くことなく、自宅など好きな場所から、スマホ・PCを使って物件見学できます。冷蔵庫を置く位置の採寸や、窓の外の景色、コンセントの位置の確認など、不動産会社スタッフと会話しながら、現地に行くのと同じ様に物件見学することが可能です。また、複数の方での参加も可能なので、たとえば離れて暮らしているご家族の方と一緒に、意見を交換しながらオンラインで物件見学することも可能です。

3  IT重説とは
これまで対面での説明が必要だった重要事項説明(重説)が、201710月から賃貸物件に限り、ビデオ通話などを使ったオンラインの説明でも可能になりました。この重要事項説明は一般的に契約(契約書類の記入・捺印)と併せて行われるため、従来は契約時必ず店舗へ行かなければならなかったものが、重要事項説明がオンライン化されることで店舗へ行かなくても契約することが可能になりました。(一部契約自体に店舗へ行くことが必要なケースがあります。詳しくは各不動産会社にお問合せください)

※本対策は、2020520日時点の内容であり、感染拡大の状況に応じて内容を変更してまいります。
※感染状況を考慮し実施内容、期間を都度判断いたします。

 

 

■調査概要

実施期間:2020年5月8日 ~ 2020年5月14日
調査対象:LIFULL HOME'S に加盟する全国の不動産事業者
回答件数:500件(LIFULL HOME'S加盟店従業者)
調査方法:インターネット調査
分析:株式会社LIFULL

 

 

■ご参考

第1回 新型コロナウイルス感染症に対する不動産事業者の意識調査(2020年3月9日~2020年3月12日実施)
https://lifull.com/news/17124

第2回 新型コロナウイルス感染症に対する不動産事業者の意識調査(2020年3月9日~2020年3月12日実施)
https://lifull.com/news/17247/