News

ニュース

楽天LIFULL STAYとブリッジ・シー・キャピタル、宿泊施設の開発・運用で業務提携

2020年09月18日


株式会社LIFULLの関連会社である楽天LIFULL STAY株式会社(出資比率:楽天51%、LIFULL49%、以下「楽天LIFULL STAY」)と株式会社ブリッジ・シー・キャピタル(本社:東京都中央区、代表取締役社長:横田 大造、以下「ブリッジ・シー・キャピタル」)は、本日2020年9月18日(金)に楽天LIFULL STAYが運営する宿泊施設の開発・運用に関する業務提携契約を締結しました。

 

開発・運用する宿泊施設の例
「Rakuten STAY HOUSE 木更津」外観(左)、「Rakuten STAY VILLA 淡路」外観(右)
(本契約の締結以前に竣工・開業した物件)

 

両社は本業務提携により、楽天LIFULL STAYの宿泊・民泊事業における豊富な知見と、ブリッジ・シー・キャピタルがもつ不動産開発のノウハウ、クラウドファンディングを基盤とした資金調達力を活かした宿泊施設の開発・運用を共同で行います。具体的には、新施設の候補となる開発用地や運用会社変更案件の相互紹介、事業計画の策定、開発事業の推進に加え、宿泊施設への関心が高い投資家へのより良い投資機会の提供や宿泊施設を通じた地域の活性化・地方創生への貢献を目指します。

 

なお、本契約締結に先駆けて、両社は2019年11月から沖縄県那覇市のホテル「Rakuten STAY Naha Ti-da(仮称)」を含む2棟の新規開発プロジェクトに着手しています。「沖縄旅行の旅の拠点となるように」との想いを込めた「trip base」をコンセプトに、家族や友人同士のグループ旅行の宿泊ニーズに応えるべく6名宿泊可能な部屋をメインに取り揃える予定です。2棟のうちの1棟は、パナソニックホームズ株式会社(本社:大阪府豊中市、代表取締役社長:井上 二郎)による設計施工体制の下で開発が進んでおり、不動産投資クラウドファンディングサービス「CREAL」を通じて開発資金の調達を行います。

開発中のホテルパース図 

両社は、これまでも施設の資産管理をブリッジ・シー・キャピタルが受託し、楽天LIFULL STAYがブランディングと運用代行を担う形で、複数の宿泊施設を手がけてきました。例えば2020年4月にオープンした「Rakuten STAY HOUSE 木更津」は、無人運営や室内空間の広さを活かし、リモートワークなどの長期滞在需要を取り込んできました。また、同年7月にオープンした開放的なアウトドアデッキなどが特長の「Rakuten STAY VILLA 淡路」では、開業以来、稼働率が予想を上回る実績を上げています。


「Rakuten STAY HOUSE 木更津」内観(左)、「Rakuten STAY VIILA 淡路」内観(右)

 

両社は、今後もさらなる連携を深めるとともに、「Rakuten STAY」ブランドの物件の更なる拡大を実現していきます。

 

■楽天LIFULL STAY株式会社
所在地: 東京都千代田区丸の内三丁目4番1号
代表者: 代表取締役 太田 宗克
事業内容: 宿泊・民泊予約サイト事業、宿泊施設・民泊施設運用代行事業など
設立年月: 2017年3月
ウェブサイト: https://www.rakuten-lifull-stay.co.jp/

■株式会社ブリッジ・シー・キャピタル
所在地: 東京都中央区銀座2-16-11 片帆ビル3
代表者: 代表取締役社長 横田 大造
事業内容: クラウドファンディング事業・アセットマネジメント事業・ヘルスケアファンド事業
設立年月: 2011年5月
ウェブサイト: https://bridge-c.com/company/