News

ニュース

ニューノーマル時代の社会課題を解決していくビジネスプランコンテスト『OPEN SWITCH -考えよう、これからの暮らし。-』エントリー受付開始

2020年09月25日


株式会社LIFULLは、コロナ禍で見えたニューノーマル時代の社会課題を解決するための事業アイデアや次世代の子会社社長候補を募集するビジネスプランコンテスト 『OPEN SWITCH -考えよう、これからの暮らし。-』を2020年9月25日(金)から開始いたします。募集にあたって、一般向けの「ビジネスプランコンテスト部門」と学生向けの「次世代の子会社社長部門」の2部門を設置いたします。

 

『OPEN SWITCH -考えよう、これからの暮らし。-』
 https://lifull.net/openswitch-fornewnormal/

 

この半年で、私たちの暮らしは大きく変わりました。お家で仕事をしたり。子どもと過ごす時間が増えたり。健康意識が高まったり。新しい価値観が生まれる一方で、高齢者の孤立、オンラインにおける教育格差、都市生活の不安など、さまざまな課題が浮き彫りになってきました。

LIFULLは、このコロナ禍で見えてきた社会課題を解決する事業アイデアを募集します。LIFULLとの協業により社会価値の創出を目指す「ビジネスプランコンテスト部門」、社会課題に関心のある学生を対象とした「次世代の子会社社長部門」の2コースを設けています。

LIFULLは、年齢や職業に制限なく、さまざまな価値観や視点からの事業アイデアをともに、ビジネスとして課題解決し、新たな社会的価値の創出を目指します。

優れたプランは、いずれの部門でも実現にむけてサポートさせていただきます。ぜひあなたのアイデアを聞かせてください。

■募集テーマ一覧

 

『OPEN SWITCH -考えよう、これからの暮らし。-』開催概要

応募条件:事業プランのビジョンが、LIFULLのビジョンに沿い、上記の募集テーマの課題解決のいずれかに合致していることを応募条件とします。

応募部門:(1)ビジネスプランコンテスト部門(2)次世代の子会社社長部門

1.ビジネスプランコンテスト部門
LIFULLと協業で新たな社会価値の創出を目指す事業プランを募集します。 入賞プランにはLIFULLアクセラレーターによる、ビジネス・エンジニアリング・クリエイティブ領域でのハンズオンサポートと、2021年2月開催予定のOPEN SWITCH vol.4へのピッチ参加権が与えられます。
※個人、法人、またはグループでの応募も可能です。

2.次世代の子会社社長部門
社会課題に関心のある学生(中学生以上、大学院生以下)を対象としたコースです。入賞プランにはLIFULLアクセラレーター、LIFULL人事による、ビジネス・エンジニアリング・クリエイティブ領域でのハンズオンサポートがあり、その後、選考を通過した方は、LIFULLの子会社社長として採用、または長期インターンシップなどを予定しています。
※個人の応募のみとなります。
※年齢、居住地に応じ、保護者の同伴を必須とさせていただく場合がございます。

 

■実施スケジュール:

1.エントリー受付    2020年9月25日~2020年10月31日 
2.書類審査&結果発表  2020年11月中旬

以降、(1)ビジネスプランコンテスト部門は、「相談会」「ピッチ審査&結果発表」「協業検討」などのフローを通じて事業アイデアの実現を目指します。(2)次世代の子会社社長部門は、「アクセラレーションプログラム」「人事サポート」「ピッチ審査&結果発表」などのフローを通じて、子会社社長として採用、または、長期インターンシップの雇用契約を締結し、事業アイデアの実現を目指します。

参加費:無料

応募方法:特設サイトより所定のフォームに必要事項を記載してご応募ください。

特設サイトURL: https://lifull.net/openswitch-fornewnormal/

 

■ゲスト審査員 ※審査員/メンターの一覧は特設サイトよりご参照ください

石川 善樹氏(ゲスト審査員)

予防医学研究者、博士(医学)
1981年、広島県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学で博士(医学)取得。公益財団法人 Wellbeing for Planet Earth 代表理事。
人がよく生きる(Good Life)とは何か」をテーマとして、企業や大学と学際的研究を行う。専門分野は、予防医学、行動科学、計算創造学、概念進化論など。近著は、フルライフ(NewsPicks Publishing)、考え続ける力(ちくま新書)など。Twitter:@ishikun3 HP:https://yoshikiishikawa.com/

 

椎木 里佳氏(ゲスト審査員)

1997年生まれ。株式会社AMF代表取締役社長。慶應義塾大学卒業。女子中高生のマーケティングチーム「JCJK調査隊」を運営し、様々な社会現象を生み出している「JC・JK流行語大賞」などを手がける。2016年には、Forbes ASIAが選定する「30歳以下の世界が注目すべき30人」に選出される。TBS系「サンデー・ジャポン」フジテレビ「ネプリーグ」などメディア出演多数。著書に、『女子高生社長、経営を学ぶ』(ダイヤモンド社)、『大人たちにはまかせておけない!政治のこと』(マガジンハウス社)がある。

 

加藤 路瑛氏(ゲスト審査員)

2006年2月生まれ。中学3年生。12歳の時に起業し、株式会社クリスタルロードの取締役社長に就任。代表権を取れない年齢のため、親が代表取締役、子どもが取締役社長になる起業スタイルを「親子起業」と名付け、子どもの起業や親子起業の面白さを伝えている。「今」をあきらめない社会を作ることをビジョンに掲げ事業を展開、メディア出演や講演活動も行っている。メディア運営や18歳以下専用のクラウドファンディング事業を経て、現在は感覚過敏研究所を立ち上げ、感覚過敏がある人たちが暮らしやすい社会を作ることを目指し、商品・サービスの開発・販売、感覚過敏の研究に力を注いでいる。

 

■募集テーマの背景

LIFULLでは、STAY HOME期間を経て、コロナ禍における生活者の暮らしが変化し始めていることを受け、2020年6月19日から、これからの暮らしを考えるプロジェクト「話そう、これからの暮らし。-From MY HOME-」を開始しました。そして、このプロジェクトを通じて寄せられた様々な声を元に「これからの暮らし」のなかで重要であると考えた5項目を募集テーマに選びました。

特設サイト「話そう、これからの暮らし。-From MY HOME-」
https://media.lifull.com/campaign_2020061903/

 

OPEN SWITCH』について(URL:https://lifull.net/openswitch/

 『OPEN SWITCH』は、LIFULLの社内新規事業提案制度であるアイデアピッチ「SWITCH」の取り組みを拡大し、2019年から外部の様々な人や企業に参画いただくことで、より多くの社会課題を解決する社会価値を作り出すためのビジネスプランコンテストです。