News

ニュース

スポーツ練習メニュー動画サイト「Sufu」 11月より 『Sufu(スーフー)部活動支援サービス』 実証実験を開始

2020年11月02日


株式会社LIFULLが新規事業として提供するスポーツ練習メニュー動画配信サイト「Sufu」は、運動部活動における課題解決に向けて全国の中学校3校(バスケットボール部)との実証実験「Sufu部活動支援サービス」を11月より開始することをお知らせいたします。

 

 

スポーツ庁の調査(※)によると、公立中学校運動部活動において約41%の教師が自分の経験したことがない種目の顧問を任されています。さらに、公立中学校顧問の約88%が部活動に悩みを抱えており「校務が忙しくて、思うように指導できない」「自身の心身の疲労、休息不足」「校務と部活動の両立に限界を感じる」「自身の指導力不足」が上位に挙げられます。また、地域や家庭環境などスポーツの教育格差となる要因も多く、人口が少ない地域では、周囲に相談できる指導者がいないことや家庭の経済的な理由で選択肢が限られる生徒も多くいます。

今回実施する『Sufu部活動支援サービス』実証実験では、全国3校のバスケットボール部に専用のタブレットでSufuのコンテンツを使い、チームや個人の練習メニューを作成、練習の振り返りなどを行っていただきます。練習や試合の様子を動画で撮影、保存し、育成のプロが作成した振り返りシートに沿って、チェックポイントごとにパフォーマンスを見直せます。部活動の時間だけではなくSufuのマイページを活用することで生徒一人ひとりがご家庭のスマホやパソコン等で自宅でも自主練習に取り組め、プロがチェックするオンライン検定でスキルの向上も確認できます。

現在、運動部活動において顧問が技術指導を行うことが当たり前となっていますが、Sufuを利用することで、顧問は従来の「教える立場」から生徒の振り返りの手助けを行う「支える立場」を担い、生徒自らがチームや個人で練習メニューを考え、PDCAを回せる状態を目指します。

Sufuは、各スポーツ種目の育成のプロが作成した練習メニュー動画を配信することで、部活動での教師の技術指導における負担軽減やスポーツの教育格差を解消し、生徒の成長支援を行うことを目指しています。今回の実証実験を通じてサービスの検証を行い、2021年春意向を目途に全国向けサービス開始を目指しています。

 

■『Sufu部活動支援サービス』実証実験について
概要:部活動において本サービスを活用し、プログラム「チーム練習」「自主練習」「オンライン検定」によって「生徒の成長支援」を図ります。

・チーム練習:タブレットでチームの練習メニューを作成、練習動画を撮影・保存、育成のプロが作成したチェックシートで生徒自ら、振り返りを行います。

・自主練習:各家庭のスマホやパソコン等を使用し、部員毎のマイページで自主練習メニューを作成・実施できます。

・オンライン検定:株式会社ERUTLUCがスクールで行っている技能検定をオンラインで受験可能です。

期間:202011月~約3か月

 

■Sufu(スーフー)について
Sufuは「スポーツの未来を創る」をビジョンに掲げて、スポーツに関わる多くの方の助けになるサービス提供を目指し、20204月にLIFULLの新規事業として開始しました。スポーツの現場で役立つ価値ある練習メニュー・トレーニング方法を提供することで、選手・指導者 ・コーチ・トレーナー・保護者などスポーツに関わる多くの方の助けになることを目指しています。分かりやすい解説動画で、上達のコツやテクニックを学ぶことができます。202010月現在、バスケットボールやサッカー、野球、ゴルフ、フットサル、テニス、トレーニングの計7種目において3,000本以上の動画を配信しています。

価格:1種目につき月額¥980(税込) ※複数種目ご契約の場合は、種目数×980/月(税込)となります。
 初回14日間無料トライアル実施中(通常会員のみ)
支払い方法:クレジットカード決済
サイトURLhttps://sufu.lifull.net/

 

■Sufu事業責任者 増尾 圭悟のコメント  

私の実体験をもとにSufuのサービスは始まりました。学生時代は指導者に恵まれず、大学から始めたアイスホッケーではマイナースポーツだったため練習メニューや指導方法を入手するのに非常に苦労しました。また、同期の多くが教職に就き、自分が経験したことがない種目の顧問を担当し、非常に悩んでいる姿を目のあたりにしてきました。こういった「スポーツや教育の現場における課題を解消したい」と思ったことがSufuの始まりです。

2014年に社内新規事業起案制度SWITCHで入賞した後、一度サッカーJリーグクラブへ転職し、スポーツビジネスの現場を経験、2015LIFULLに復職し、アイデア構想から事業化まで10年かけ、20204月に事業化しました。10年間変わらず持ち続けているビジョン実現のため、部活動現場の課題解決ならびに日本にマルチスポーツの文化を醸成するための仕組みづくりを一歩一歩行っていきたいと思います。

 

※出典:平成29年度運動部活動等に関する実態調査報告書
https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop04/list/detail/__icsFiles/afieldfile/2018/06/12/1403173_2.pdf

 

LIFULLグループは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、より多くのみなさまの暮らしを安心と喜びで満たす、住生活情報サービスを提供してまいります。