News

ニュース

家づくりのリアルタイム3Dシミュレーター「GRID VRICK」を4月4日(月)より発売開始!

2016年03月04日


ネクストは、2016年4月4日(月)より、おもちゃのブロックでつくった間取りがリアルタイムに3Dの家となり、そのバーチャル空間をウォークスルー体験できる、リアルタイム3Dシミュレーター「GRID VRICK(グリッドブリック)」を発売開始いたします。

「GRID VRICK」
URL:http://www.gridvrick.homes.co.jp/

160301


■「GRID VRICK」の機能
1.ブロックで3DCGの家をつくる

おもちゃのブロックを使って家の間取りをつくると、ディスプレイ上に3DCGの家が出来上がります。ブロックは、リアルタイムでバーチャル空間に反映されるので、ブロックを外したり、足したり、自由自在に何度でも作り直し、様々なパターンをすぐに比較することができます。また、指定の場所にブロックを置くと、別フロアの作成も可能。最大3階建てまでのバーチャル空間でよりリアルな家づくりをイメージできます。

2.完成した家をバーチャル体験する
できあがった3D空間では、家の中のウォークスルー体験、インテリアの変更、季節や時間ごとの日照イメージの確認など、家づくりをまるごとシミュレーションすることができます。機能の詳細は以下の通りです。
<機能一覧>
・家の中に入ったような視点でのウォークスルー体験(身長の変更も可能)
・家の全体像を把握できる俯瞰した視点での確認
・壁、床、窓など内装イメージ、天井の高さ等のシミュレーション
・テーブル、ソファ、観葉植物などインテリアのシミュレーション
・季節、時間ごとの日照のシミュレーション

■「GRID VRICK」提供の背景と、今後の予定
これまで、注文住宅や住宅のリノベーション等を行う際には、施工主と施主がイメージを共有するツールとして、3Dデザインソフトや、外観や室内を立体的な絵にしたパース等が多く用いられてきました。しかし、平面図でのパースでは完成後のイメージの共有に限界があり、また3Dデザインソフトは制作の時間やコスト、何度も作り変えることは困難等、様々な課題がありました。
そこでこのたび、リアルタイムに3DCGの家をつくり出し、誰もが簡単に本格的なシミュレーションができるツールとして、家づくりのリアルタイム3Dシミュレーター「GRID VRICK」を開発し、発売を決定しました。誰でも簡単に操作できるよう、おもちゃのブロックを組み合わせるだけでリアルタイムなシミュレーションを可能にし、一度完成した3Dイメージはブロックを外したり付け足したり、変更も自由自在。家族みんなで完成後のイメージ共有し、楽しみながら家づくりを進めていける、これまでにないシミュレーションツールです。
今夏には、完成した3Dの家をさらにリアルに体験できるよう、ヘッドマウントディスプレイへの対応も予定しており、今後「GRID VRICK」が日本、そして世界の家づくりをもっと楽しく変革していきます。

■企業様向け「GRID VRICK」に関するお問い合わせ先
GRID VRICK導入等に関するお問い合わせは、以下までお気軽にご連絡ください。
gridvrick-info@next-group.jp

ネクストグループは、これからも「あなたの『出逢えてよかった』をつくる」をコーポレートメッセージに掲げ、一人ひとりにぴったりな情報をお届けしてまいります。