News

ニュース

2016年6月より、民泊予約サービスの試験運用開始

2016年05月10日


株式会社ネクストは、2016年6月より、民泊予約サービス「Lifull Stay」の試験運用を開始することを決定いたしました。これに先立ち、2016年5月10日(火)から「Lifull Stay 相談センター」で、事前登録および民泊の集客や営業に関する各種相談を受け付けます。

■「Lifull Stay」試験運用の概要
「Lifull Stay」は、民泊を利用したいゲスト向けに国内の民泊施設をサイト上で紹介する、民泊予約サービスです。6月より開始予定の試験運用段階では、旅館業法に則って営業許可を取得済の適法な宿泊施設を対象とし、情報掲載料やサイト利用料は無料(※)とします。(※別途、各宿泊施設への宿泊費用の支払いが発生します。)
試験運用開始に先立って開設した「Lifull Stay 相談センター」では、事前登録や各種相談を受け付けます。相談受付の対象は事業者(ホスト)のみとしますが、相談内容は特に限定しません。事前登録および相談をご希望の方は下記窓口までメールでお問合せください。

<Lifull Stay 相談センター>
 Mail:contact@lifull-stay.com

■「Lifull Stay」試験運用開始の背景と今後の計画
近年、モノや空間、労働力など様々なものをシェアする「シェアリングエコノミーサービス」が世界各国で広がっています。自宅の一部やマンションの空室を宿泊施設として活用するホームシェア=民泊は、シェアリングエコノミーサービスの代表的なもので、特に日本では観光立国、空き家問題、地方創生などの課題を解消する一施策として注目が集まっています。従来の法令では民泊に対する適切なルールがありませんでしたが、本年4月1日から旅館業法の一部の規制が緩和されるなど、市場創出に向けた新たな動きが出ています。弊社では、こうした背景をうけて、6月より「Lifull Stay」の試験運用を開始することといたしました。
現在、一般住宅を宿泊施設として活用することも含む、より広い範囲の民泊のルールづくりが厚生労働省を中心に進められており、将来的には登録制を柱とした新法の設立が見込まれます。新法施行後、住宅の民泊への転用が進む場合は、弊社の基幹事業である、不動産・住宅情報サイト『HOME’S』が有する総掲載物件数約688万件(2016年4月度平均)、国内最大規模の物件データベースが民泊分野でも強みになります。弊社では、「Lifull Stay」の試験運用によりこの分野でのノウハウを蓄積しながら、法整備の状況にあわせてサービスを拡大し、民泊市場および日本経済を活性化してまいります。

ネクストグループは、これからも「あなたの『出逢えてよかった』をつくる」をコーポレートメッセージに掲げ、一人ひとりにぴったりな情報をお届けしてまいります。