株式会社LIFULLは、「LIFULL HOMES」掲載情報の精度向上を目的として成約済み物件自動検知システムの刷新を行い、20181219日(水)より本格稼働を開始いたします。

 

■新機能の概要
これまでの「LIFULL HOME’S」では、成約済みの可能性がある物件に対し、不動産会社向けに1日に1度、メールによる通知を行っていました。このたびの機能追加では、成約済みの可能性がある物件を検出する度、不動産会社向けに確認依頼メールを配信する機能と、弊社にて該当物件を非掲載にできる機能を追加します。
これにより、掲載情報の精度向上や、不動産会社側の物件メンテナンスの漏れ抑止に繋げ、「LIFULL HOMES」における掲載情報の品質向上を図ってまいります。

なお、本システムは、当面成約済み物件に特化し運用をいたしますが、今後は、その他の違反内容も検知の対象とすることを視野に入れており、さらなる情報精度向上に繋げたいと考えております。

※システムの性質上、検出方法の詳細につきましては非公開とさせていただきます。

 

■「LIFULL HOME’S」の物件情報精度向上の取組みについて
LIFULL HOMES」では、正確な情報の中から、安心して住まい選びができるよう、「情報精度No.1」を目標に掲げて、以下のような取組みを推進してきました。

(1)情報掲載ルールの策定と啓蒙
LIFULL HOMES」への情報掲載について、各種法令ならびに弊社独自の規定を盛り込んだ「情報審査規約」を制定し、ルールを順守した正確な情報掲載を呼びかけています。

(2)掲載情報110
LIFULL HOMES」に掲載された情報について、「事実と違う」「成約済みの物件だった」等のお問い合わせを受け付ける専用の窓口を設け、個別に事実確認を行っております。

(3)掲載物件の能動的調査
LIFULL HOMES」上の掲載停止等の措置をとります。

(4)優良店舗の認定
「正確な物件情報の提供」と「安心のお客様対応」の2項目で、弊社が定めた基準をクリアした店舗を優良店舗として認定する制度を設けております。

(5)業界団体での活動
首都圏不動産公正取引協議会 ポータルサイト広告適正化部会の加盟社として、同業他社と連携しておとり物件排除の取組み等を進めています。

現在は、首都圏、近畿、九州の3エリアの不動産公正取引協議会にて「厳重警告・違約金」の措置が講じられた不動産事業者は、最低一ヶ月間「LIFULL HOMES」を始めとする不動産情報サイトへの広告掲載を停止する施策が開始されております。

(6)関連業種と連携した活動
大手オンラインモールや決済プラットフォームの運営事業者と連携して、おとり物件対策と不正注文防止のための取組みを行っています。

 

 

LIFULLグループは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、より多くのみなさまの暮らしを安心と喜びで満たす、住生活情報サービスを提供してまいります。