News

ニュース

不動産会社向け物件メンテナンス補助ツール「LIFULL HOME'Sメンテナンス見える化ツール」提供開始、成約済みの可能性がある物件を一覧化

2019年12月18日


株式会社LIFULL(ライフル)は、不動産会社向けに賃貸物件情報の掲載メンテナンス補助となる「LIFULL HOME'Sメンテナンス見える化ツール」の提供を2019年12月18日(水)より開始いたします。
LIFULL HOME'Sメンテナンス見える化ツール」は、LIFULL HOME'S会員向けのサービス「LIFULL HOME'S PRO」でご利用いただける、適正な物件情報の掲載を目的としたメンテナンス補助ツールです。

 

LIFULL HOME'Sの膨大なデータベースを活用し、LIFULL HOME'Sに掲載中の賃貸物件を対象に「成約済みの可能性がある物件」を検出し、一覧で表示します。一覧に表示される物件の空室の確認作業を優先的に行うことで、成約済み物件を非掲載処理することができ、成約済み物件が掲載され続けることを防ぐことができるようになります。このツールは会員であれば、どなたでも無料でご利用いただけます。

 

■「成約済みの可能性がある物件」検出について

LIFULL HOME'S上で、同じ物件の掲載実績がある不動産会社のうち、「LIFULL HOME'Sへ掲載から非掲載に変更」した不動産会社の割合が基準値に達した場合、まだLIFULL HOME'Sで掲載している不動産会社に対し「成約済みの可能性がある物件」としてツール上で検出します。

※本ツールは「成約済みの可能性がある物件」の一部を検出し、表示する補助ツールです。LIFULL HOME'S掲載ルールに従い、1週間に1度空室確認をお願いします。

 

■LIFULL HOME'Sメンテナンス見える化ツール 画面イメージ