News

ニュース

LIFULL、CMやイベントの反響を受け第二弾としてWEB動画「しなきゃ、なんてない。合唱」篇 8月24日(火)より公開

2021年08月26日

さまざまなバックグラウンドの出演者が明るく前向きな歌詞を口ずさみながら自撮りし、
LIFULLが目指す、多様な生き方が実現された未来を表現

LIFULL(ライフル)WEB動画「しなきゃ、なんてない。合唱」篇メインビジュアル

WEB動画「しなきゃ、なんてない。合唱」篇
URL:https://youtu.be/VTcYE1ivj2Q

 

ソーシャルエンタープライズとして、事業を通して様々な社会課題の解決に取り組む株式会社LIFULL(ライフル)(以下LIFULL、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、2021年8月24日(火)よりWEB動画「しなきゃ、なんてない。合唱」篇をYouTubeで公開しました。

LIFULLはコーポレートメッセージ「あらゆるLIFEを、FULLに。」のもと、既成概念の枠を超え、多様な人の多様な生き方をサポートしたいという想いから「しなきゃ、なんてない。」というメッセージを2018年からお伝えしてまいりました。今年5月にはあらゆる方々の背中を押すことを目指し、LIFULLが目指す社会課題が解決された、実現したい未来を描いたCMを公開。同7月には、既成概念にとらわれない生き方で「しなきゃ、なんてない。」を体現している方を表彰した「しなきゃ、なんてない。」アワード2021を開催しました。

このたび公開したWEB動画「しなきゃ、なんてない。合唱」篇は、CMやイベント実施による様々な反響をいただき第二弾として制作いたしました。このWEB動画でも実際に既成概念にとらわれない生き方をされている年齢・職種・バックグラウンドの異なる総勢12人が登場します。企業CMでも登場した童話「オバケなんてないさ」の替え歌の明るく前向きな歌詞を、出演者自ら口ずさむ様子を撮影し、その一人ひとりが生き生きとした等身大の姿を通して、LIFULLが目指す、多様な生き方が実現された未来を表現しています。

その方々を中心に、知らず知らずのうちに私たちを縛る「しなきゃ」という既成概念から生じる一人ひとりの課題、そしてその先の世の中の課題まで、LIFULLが起こすアクションでさまざまな社会課題が解決された、あらゆる人の「LIFE」が「FULL」な未来を表現しています。

LIFULLは、この世界に暮らす一人ひとりを見つめ、個人が抱える課題から、その先にある世の中の課題まで、安心と喜びをさまたげる社会課題を、事業を通して解決していきます。

 

■WEB動画「しなきゃ、なんてない。合唱」篇について
WEB動画を通じて、「もっと自分らしく生きてもいいんだ!」と自分と重ねながら、ご覧いただいた方々の背中を押すことができるよう、多様な出演者自身に撮影を行っていただきました。

楽曲「しなきゃなんてないさ」は、誰もが一度は聞いたことのある童謡「オバケなんてないさ」の替え歌として、世の中への前向きな応援歌として作り上げました。そして、世の中の"当たり前"と"自分らしさ"の間で悩む方々が「しなきゃなんてないさ」と未来に向かって、私たちと一緒に口ずさんでいただきたい、という思いを込めています。

公開開始:2021年8月24日(火)~2021年11月23日(火)
URL:https://youtu.be/VTcYE1ivj2Q

 

■出演者の紹介
WEB動画では、年齢や職種、バックグラウンドの異なる12名が楽曲「しなきゃなんてないさ」を歌います。

平林 景 さん
発達障がいのある子どものための放課後等デイサービスを立上げ、運営。性別や障がいの有無、年齢にかかわらず全ての人がはけるボトムス「bottom’all(ボトモール)」を開発。

 

シオリーヌ(大貫 詩織) さん
助産師・思春期保険相談士・性教育YouTuber。助産師として経験を積み、精神科児童思春期病棟で若者の心理的ケアを学ぶ。現在は、性教育に関する発信活動を行う。

 

 

SISSAKRAさん・CHINATSUさん)
実の姉妹によるダンスクリエイターチーム。数々のダンスコンテストにて入賞を果たし、世界最高峰のダンスコンテストでも入賞。現在はアーティストのMV出演や振付など様々な活動をしている。祖母であるマチコさんとのダンス動画が話題に。

 

山倉 慎二 さん
「農業にエンターテイメントを。」と理念を掲げ、新潟の実家から農業と得意とするイラストやSNS・Podcast を融合させた発信を行う。

 

畠田 大詩 さん
京都市出身、東京で編集職を経て北海道在住。地域活性化企業人として、北海道「写真の町」東川町役場の東川スタイル課にて、町づくりに奔走。25年以上人口がゆるやかに増え続ける東川町は、地方創生の先進地域としても知られる。

 

「メインハイチャンネル」アラシさん・コウキさん・ユウタさん
お笑い芸人を目指していたアラシさんとコウキさん。事故によってコウキさんが障がい者となるがユウタさんも加わえた幼馴染3人でYouTubeで活動を開始。信頼しあえる親友だからこそ「障がいを笑いに」をテーマに、純粋なお笑いとエンタメを発信している。

 

ステファン・ダントン さん
フランス・リヨン生まれ。ソムリエの経験を経て、来日後、日本茶への関心を深め、「目、鼻、口で楽しむ日本茶」をコンセプトにしたフレーバー茶の製造、販売。現在は、東京・人形町で日本茶を販売を行う。

 

「はLIFEチャンネル」ぽっちさん・みち子さん
女性の同性愛カップルYouTuber。2017年から二人で美容系の会社を立ち上げ、経営。2019年7月からYouTubeを開始している。

 

 

 

関連事業紹介
LIFULL HOME'S ACTION FOR ALL『FRIENDLY DOOR』
不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」は、「外国籍の方」「LGBTQの方」「生活保護利用者の方」「高齢者の方」「シングルマザー・ファザー」「被災者」といったさまざまなバックグラウンドを持つ方々に対し理解があり、相談に応じてくれる不動産会社を検索することができる『FRIENDLY DOOR』を提供しています。
https://actionforall.homes.co.jp/friendlydoor

LIFULL 地方創生 / LivingAnywhere Commons
空き家の再生を軸に日本に新しいライフスタイルの提案や遊休不動産と担い手、担い手同士との繋がりが広がり、地域資源を最大限に活用に取り組んでいます。
https://local.lifull.jp/
https://livinganywherecommons.com/

『LIFULL 介護 / 『tayorini
介護施設検索サイトや介護や未来への不安を明るく照らす情報を提供しています。人生100年時代を自分らしく生きるために、人生設計を主体的に見直せる事業に取り組んでいます。
https://kaigo.homes.co.jp/
https://kaigo.homes.co.jp/tayorini/

sufu
「スポーツの未来を創る」価値ある情報を、スポーツに関わる多くの方に提供しています。
https://sufu.lifull.net/

 

■株式会社LIFULL 会社概要(東証第一部:2120、URL:LIFULL.com/
LIFULLは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、個人が抱える課題から、その先にある世の中の課題まで、安心と喜びをさまたげる社会課題を、事業を通して解決していくことを目指すソーシャルエンタープライズです。

現在はグループとして世界63ヶ国でサービスを提供しており、主要サービスである不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」をはじめ、空き家の再生を軸とした「LIFULL 地方創生」、シニアの暮らしに寄り添う「LIFULL 介護」など、この世界の一人ひとりの暮らし・人生が安心と喜びで満たされる社会の実現を目指し、さまざまな領域に事業拡大しています。