News

ニュース

「HOME’Sプライスマップ」の物件参考価格データを「マネーフォワード」へ提供

2016年06月15日


株式会社ネクストは、2016年615日(水)より、株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:辻庸介)が運営する自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」と「HOME’Sプライスマップ」のデータ連携を開始いたしましたので、お知らせいたします。

 

画像のみ最終

【マネーフォワード・画面イメージ】

■マネーフォワードとの連携概要
 この度のデータ連携では、当社が独自に算出し、「HOME’Sプライスマップ」で公開しているマンションの参考価格データを、個人向け家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」に提供いたします。参考価格データは、市場動向等により変動し、随時更新されます。これにより「マネーフォワード」の利用者は、保有する物件や、その周辺のマンション、今後購入を検討したいマンションの参考価格を同サイト、アプリ内で簡単に把握し、物件の売却や購入、運用の参考とすることができます。

■背景と今後の展望
 「HOME’Sプライスマップ」は、中古不動産市場の透明性向上を目指して2015年10月よりβ版のサービス提供を開始した、地図上で物件の参考価格等をひと目で見られる情報サービスです。参考価格等は、日本最大級の不動産・住宅情報サイト『HOME’S』に掲載された物件の募集情報データベースをもとに独自開発したロジックで算出しています。現在、首都圏のマンション約16万棟、150万戸をカバーし、売却する際の参考価格、賃貸する場合の想定賃料と利回りを、誰でも簡単に調べて、物件の売却や購入、運用の参考にすることができます。
 当社では、「HOME’Sプライスマップ」の情報をより多くの方にご活用いただけるよう、今回の「マネーフォーワード」との連携を開始いたしました。この度の連携により情報提供を開始したのは物件の参考価格のみですが、今後は「HOME’Sプライスマップ」で2016年5月より提供開始した、想定賃料と想定利回りについても、「マネーフォーワード」に提供予定です。また、準備中のエリア拡大や情報追加も、随時「マネーフォワード」との連携項目に追加していきます。
 当社は、「HOME’Sプライスマップ」の機能拡張やパートナーとの連携、関連サービスの拡充を通じて、不動産取引に関わる価格情報を容易に入手でき、皆さまが安心・納得して住み替えができる住まい探しのプラットフォームとなることを目指し、今後も市場の活性化に貢献してまいります。

株式会社マネーフォワードについて (URL:https://moneyforward.com/
 2012年5月の設立以来、自動家計簿サービスや、ビジネス向けクラウドサービスなど、お金に関するプラットフォームを開発・提供しています。利用者数350万人を超える「マネーフォワード」は、銀行や証券口座、クレジットカードなど2,580以上の金融関連サービスから自動で毎日入出金情報を取得、現金で支払ったものはレシートを撮影するだけで記録してくれる、自動家計簿・資産管理サービスです。ビジネス向けの「MFクラウドシリーズ」は、確定申告・会計・請求書作成・給与計算・マイナンバー管理・経費精算などバックオフィス業務に特化したクラウドサービスです。

ネクストグループは、これからも「あなたの『出逢えてよかった』をつくる」をコーポレートメッセージに掲げ、一人ひとりにぴったりな情報をお届けしてまいります。