News

ニュース

HOME'Sのコンセプト動画『KEY OF LIFE』を公開!

2016年09月28日


株式会社ネクストは、2016年928日(水)より、国内外で話題のクリエイター陣と社員のタッグで制作した『HOME'S』のコンセプト動画『KEY OF LIFE』を公開しました。この動画はHOME'Sのブランドミッションである“一人ひとりに、最上の「住む」ことの発見と喜びを生み出す”のもと、「物件一つ一つの鍵、それは誰かの“人生を開く鍵”である」という想いを込めています。

「KEY OF LIFE」 URL: https://www.youtube.com/watch?v=YvLYYO-dB7M

HOME'S meets 『りりか×清川進也×maxilla×眞鍋海里』
話題の動画を次々と手掛けるクリエイター“眞鍋海里氏”と、ネットで話題の謎の美少女“りりか”、
日本が世界に誇る映像集団“maxilla”新進気鋭のサウンドアーティスト“清川進也氏”とのコラボレーション
「KEY OF LIFE」 URL: https://www.youtube.com/watch?v=YvLYYO-dB7M

■“鼻血少女”に注目!
「夢に向かい、過去を捨て、次なる人生の鍵を掴む女性」を、ハイクオリティな映像と音楽で描く!

<STORY>
ある夜、ベランダで悔しさを爆発させ、何かを決心した女性。
極に達した表情で一本の鍵を投げ捨てると、そこから無数の鍵が降り注ぎ、鍵たちが曲を奏でていく。ネット上で話題の謎の美少女りりかが熱演。鼻血が出るほどの迫真の演技に注目!

まとめ1

<この作品に込めた想い>
「住むところで、世界は変わる。」
世界には星の数ほどの住まい・物件があります。私たちは「それら一つ一つの物件の鍵が、誰かの“人生を開く鍵”であるかもしれない」そんな想いを胸に、不動産情報サイトの運営を通じて一人ひとりのユーザーに住まい探しの「発見」と「喜び」を届け続けます。

■数千本の鍵!都内20ヶ所以上でロケ!その落下音で奏でる名曲!
社員によって、集められた数千本以上の鍵から一本一本音階を抽出し、その鍵を使って都内20ヶ所以上でロケを敢行。そして、サウンドアーティストの清川進也氏によって収録された鍵の落下音がショパン「別れの曲(エチュード10の3)」を奏でる!!

まとめ2

■圧巻の表情!”鼻血少女”の正体は、Tumblrで話題の謎の美少女!!
「りりか」
Ririka
「なにげない日常の中の自分」の写真をTumblrに投稿しつづけ話題の謎の美少女りりか。
自身が写真を撮る理由を”18歳で両親が離婚して、急に父親や母親やおばあちゃんの家を転々としなければいけなくなって……。私、人生の中でずっと『自分の生活』というものがなかったんですよ。 だから、家族と別れて暮らしている今こそ、 ありのままの『自分の生活』を形に残しておきたくて・・・”と語っている。Tumblr: http://ri-ri-ka.tumblr.com/

 

■国内外で活躍!「森の木琴」や「シンフロ」等を手掛ける “音の鬼才”!
「清川 進也」
清川進也氏
環境音を楽曲として再構築していく音楽技法(サンプリング)を得意とし、自ら映像撮影と録音を同時に行いながら収録した環境音素材で音楽作品を作り続けている。広告作品を中心に形にとらわれない様々な音楽表現を行い、『拡張音楽』をコンセプトに、視覚情報の中に存在する音楽の創造や、音楽の新たな機能性を自己の創作活動の場を用いて追求している。
http://kiyokawashinya.tumblr.com/

 

■累計3,000万再生!大ヒット動画を次々と手掛ける映像クリエイター!
「眞鍋 海里」
眞鍋海里氏
”コンテツ発想“を軸に、映像、インタラクティブ、体験型コンテンツと幅広いアイディアで話題を生み出すクリエイター。AUTOWAY「雪道コワイ」からのシリーズは動画1,500万回再生を超え、国内のみならず海外でも話題に。その他、集中リゲイン『The Extreme Minuet』、『白衣は何人?』、KIWI『ハイパーキックOL』、HOME’S『ドリーマー』、qbiz『世界最速の新聞配達』など、数々のヒット動画を制作。

 

■ONE OK ROCK、Suchmos等MVを手がける新進気鋭の映像集団!
「maxilla」
Maxilla
個人名は明かさず、ユニット名で活動。
2009年、東京を拠点に設立。ビジュアルに関するあらゆる技術を柔軟な発想により咀嚼し、国内外を問わず、様々なクライアントと多様な表現形態にて作品を制作している。
http://maxilla.jp/

 

ネクストグループは、これからも「あなたの『出逢えてよかった』をつくる」をコーポレートメッセージに掲げ、一人ひとりにぴったりな情報をお届けしてまいります。